新着情報――宮崎里司研究室

お知らせ

【参加者募集:4月土曜】ワークショップ「ものづくりや介護分野で働く技能実習生への日本語教育実践」全3回

  • 日時: 2018年4月7日(土),4月14日(土),4月21日(土)13:30~15:30
  • 場所: 早稲田大学 早稲田キャンパス(19号館予定)[アクセス
  • 講師: 
    • 早稲田大学大学院日本語教育研究科 教授 宮崎 里司
    • 早稲田大学日本語教育研究センター 非常勤インストラクター 中野 玲子
    • 早稲田大学日本語教育研究センター 非常勤インストラクター 上田 潤子
  • チラシをダウンロード[PDF]

チラシ:外国人技能実習生度は,2017年度には75職種(135作業)に達し,毎年多くの実習生が入国しています。実習生への日本語教育においては,渡日前と来日後のアーティキュレーション,日本語教師と実習先企業のアーティキュレーション,生活者としての視点など,課題が山積しています。

本ワークショップでは,技能実習生向け日本語教育について,製造業や介護の技能実習生を例に,アカデミック・ジャパニーズとは,どのように異なるのかを,実践例を紹介するとともに,カリキュラム,教材,評価,さらには,こうした実習生を教える場合,日本語教師が備えるべき資質などについて,専門分野別日本語教育の観点から,一緒に考えていきます。

内容

1回目
技能実習制度を概観し,渡日前と入国後の日本語講習におけるアーティキュレーション(連続・整合性),および日本語教師と実習先のアーティキュレーションついて問題点と解決策を検討する。
2回目
主に介護の技能実習生向け日本語教育の中でも,日本語学習と現場での実習の連動について考察し,日本語教師と介護職との協働を目指したシラバスを立案する。
3回目
主に製造業に就労する技能実習生向け日本語教育について考察し,授業内で実施するタスクを考える。

このワークショップは,専門分野の日本語教育として,現在需要が高まっている技能実習制度で来日する実習生に対する日本語教育実践を紹介します。

具体的には,制度設計や,カリキュラムのデザイン,教科書,教材の紹介,さらには,ワセダバンドスケール(介護版)と言う,早稲田で新たに開発された介護分野の日本語能力診断ツールを使った日本語診断の使い方も説明していきます。

お申し込み・お問合せ先

早稲田大学大学院日本語教育研究科
gsjal@list.waseda.jp
TEL:03-5286-2750

【日越大学】地域研究プログラムでの集中講義

Photo: 早稲田が幹事校として日本語教育プログラムの支援をしている日越大学において,2018年2月後半から,地域研究プログラムの講師として集中講義をしています。

写真は,“TJFL in Asia”という,私の講義の一コマで,アジア地域の日本語教育政策を学ぶクラスです。宮崎研やそれ以外の院生も,言語政策などの観点から,ゼミ発表をし,意見交換を行いました。

この日越大学は,日研が来年度から導入する,海外実践プログラムの受入れ大学に指定されており,成長著しいベトナムの日本語教育を学ぶ上で相応しい機関です。

【新刊】『新 移民時代』(西日本新聞・編),早稲田ジャーナリズム大賞受賞。明石書店より刊行

表紙:今年度の第17回「石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞」草の根民主主義部門の大賞に,西日本新聞(編)『新 移民時代』が選ばれました[公式アナウンス >]。

宮崎も,取材などで協力させていただき,多くの記者の方と知己となりました。夜間中学,技能実習生などをはじめ,多くの移民問題が語られています。

11月末,明石書店より刊行[出版社による紹介 >]。

チラシをダウンロード[pdf]

【日越大学】安倍総理,日越大学の学生を激励

安倍総理は,1月17日,宮崎がディレクターを務める日越大学日本語教育プログラムの,大学院修士課程の院生とハノイ市内で懇談し,日本とベトナム両国関係や,広くグローバル社会に貢献することを期待する旨激励した。以下は,時事通信の記事と朝日新聞の写真。

安倍首相,日越大学生を激励=「平和の懸け橋に」

photo※時事通信 20170-01-17(火)14:19配信より

【ハノイ時事】安倍晋三首相は17日,日本とベトナムが共同国家プロジェクトとして設立した「日越大学」の学生らとハノイ市内のホテルで懇談した。首相は席上,「日本とベトナムの懸け橋となって,両国関係の発展や世界の平和に貢献することを期待している」と激励した。学生代表は「日本との友好関係に貢献したい」などとあいさつした。同大学は,ベトナム政府や実業界,国際社会で活躍する人材の育成を目指して昨年9月に開校。先行して大学院修士課程の講座が開かれており,大学教育も2020年に始まる見通しだ。

【参加者募集】早大公認サークル「早稲田宝生会」

宮崎が会長を務める早大公認サークル(同好会:6D-105)の「早稲田宝生会」は,能を実践するサークルです。日本人学生をはじめ,留学生にも,謡いや舞を通した実践に参加してもらいたいと思います。なお,能楽は,2008年,日本で初めて,ユネスコの世界無形文化遺産に登録されています[参考:無形文化遺産オンライン

  • 未経験者,留学生歓迎,学年不問
  • 準備するのは足袋だけ
  • 着物が着られるようになる
  • 他大,他流とも交流あり

未経験者や留学生大歓迎。学年も問いません。必要なのは足袋だけ。稽古は玄人の先生がボランティアでつけてくれます。能に限らず,舞台・芸術が好きな方,着物を着てみたい方,ちょっと足を運んでみませんか?

【研究紹介】宮崎里司の研究紹介ビデオを公開中