込宮麻紀子(こみや まきこ)

2016年4月入学

研究テーマ

  • 日本留学を経験する日本語専攻学部生の,在籍大学と日本留学との学習環境を接続する日本語教育のあり方
  • 関心のあるトピック: 学習環境,日本語学習者にとっての日本留学の意味,状況論,文脈横断論,ライフストーリー,TEM・TEA

学位論文

  • 込宮麻紀子(2013).『日本人帰国生の複数言語への意味づけのプロセス――日本人帰国生のライフストーリーから「ことばの教育」に必要な視点を考える』早稲田大学大学院日本語教育研究科修士論文(未公刊).

業績

論文

  • 込宮麻紀子(2016).協働的実践研究における実習生の学びの意味づけ――実習1年半後に行った元実習生へのインタビューから『日本言語文化』34,13-39.
  • 込宮麻紀子(2015).学習者は協働的学習をどのように体験したのか――韓国の大学における日本語会話クラスでの振り返りシートの質的分析『日本語教育研究』31,241-258.

発表

  • 込宮麻紀子(2017年12月).「教師にならなかった元実習生の語りから考える日本語教師養成課程での協働的実践研究のあり方」(口頭発表)韓国日語教育学会 2017年度第32回国際学術大会(韓国・建国大学校).
  • 込宮麻紀子(2017年8月).「歯科大学学部留学生に必要な日本語とは何か――支援のための実態調査」(ポスター発表)「日本語教師の専門性を考える」研究会・秩父別国際交流推進委員会共催シンポジウム:日本語教師の専門性を考える(北海道秩父別町ファミリースポーツセンター).
  • 込宮麻紀子(2014年11月).「日本語学習者は『協働的学習』理念を取り入れた日本語クラスをどう捉えたか」(ポスター発表)第10回国際日本語教育・日本研究シンポジウム(香港・香港大学専業進修学院).
  • 込宮麻紀子(2013年6月).「帰国生の複数言語への意味づけのプロセス――帰国生のライフストーリーから『ことばの教育』に必要な視点を考える」(ポスター発表)異文化間教育学会第34回大会(日本大学).
  • 込宮麻紀子(2013年3月).「日本語教育主専攻の大学院生は協働的学習をどのように捉えたか――実習生と学習者の2つの立場で記述したダイアリーの分析から」(ポスター発表)早稲田大学日本語教育学会2013年春季大会(早稲田大学).
  • 込宮麻紀子,髙井かおり,式部絢子,金江月,賈佳琳(2012年3月).「実践研究における実習生の学び――協働学習観の変容」(ポスター発表)早稲田大学日本語教育学会2012年春季大会(早稲田大学).

日本語教育関係の経歴

2017年4月~現在
早稲田大学日本語教育研究センター 助手
2017年4月~2018年3月
神奈川歯科大学 非常勤講師
2014年3月~2017年2月
韓国外国語大学校日本語大学融合日本地域学部 助教授
2013年9月~2014年3月
早稲田大学日本語教育研究センター インストラクター(非常勤)
2012年4月~2013年3月
専門学校 留学生日本語授業担当講師
その他
2017年1,2月,2016年1,2月,2014年8月:ソウル大学校人文大学アジア言語文明学部 日本語キャンプ講師