早稲田モデル

地域と結びついた年少者日本語教育の実践研究モデル

「早稲田モデル」とは,当研究室が,新宿区と連携して,早稲田大学大学院日本語教育研究科(GSJAL)で行っている「年少者日本語教育実践研究」のモデルです。GSJALでは,理論研究と実践研究を結びつけた「教員養成・専門家養成」を行っていますが,年少者日本語教育においては,大学内だけでなく,地域と結びついた独自の展開を行っています。

Q. いつから,どのように始まったのですか。

2002年度に新宿区教育委員会と日本語教育研究科の間で「日本語教育ボランティア」に関する協定を結びました[ニュースリリース]。その協定に基づき,日本語教育研究科の院生を「日本語教育ボランティア」として学校へ派遣します。

派遣の手順派遣の手順は以下のとおりです(図を参照ください)。

  1. 学校に支援の必要な子どもがいる場合,学校側から教育委員会へボランティア派遣の申請を行う。
  2. 教育委員会は日本語教育研究科へ「日本語教育ボランティア」の派遣を要請する。
  3. 日本語教育研究科(年少者日本語教育研究室)は院生を学校へ派遣する。

Q. このモデルでどのような支援をしているのですか。

「日本語教育ボランティア」として派遣される院生は,直接,学校へ伺い,「取り出し指導」「入り込み指導」を行います。いずれも日本語指導の必要な子どもに対して,日本語習得や教科学習の支援を行います。また「家庭支援」という形で,放課後などに子どもの家庭を訪問して,指導を行う場合もあります。詳しくは『年少者日本語教育実践研究』での報告をご覧ください。

Q. 「日本語教育ボランティア」の活動をみんなで検討する機会はあるのですか。

週に1回,「年少者日本語教育実践研究」という大学院の授業(シラバス)があり,そこでは「日本語教育ボランティア」をやっている院生が集まり,自分が指導を行っている子どもの様子や指導の内容について報告を行い,それをもとにクラスでどのような指導を行うべきかについて議論を行います。そのような議論や検討を通じて,JSLの子どもたちにとっての言語教育とは何かを検討します。

このような意味で,「日本語教育ボランティア」を実践する「早稲田モデル」は,実践研究と理論研究を結びつけた「教員養成」「専門家養成」を行っているのです。

Q. 「日本語教育ボランティア」では,どのように子どもたちの日本語能力を把握するのですか。

「日本語教育ボランティア」を行う院生たちは,「JSLバンドスケール」を活用してJSL児童生徒の日本語能力を測定しています。院生たちは,「年少者日本語教育実践研究」の授業の中で「JSLバンドスケール」について学び,実際に日本語指導を行う際にそれを利用しながら,これらの子どもたちの日本語能力の把握と適切な指導を考えるのです。そして,「JSLバンドスケール」を使うことによって,言語能力観が鍛えられていくのです。

Q. この「日本語教育ボランティア」には,だれでも参加できますか。

早稲田大学大学院日本語教育研究科の院生なら,誰でも参加できます。まずは,大学院に入学してみてください。

Q. 報告書はありますか。

『年少者日本語教育実践研究』を発行しています。また,内容の一部を公開していますのでご覧下さい。