修士課程 32期生(2016年9月入学)

門井美奈子

研究テーマ

  • 海外の大学での多読実践(他者と交流する場のデザイン)
  • 関心のあるトピック: 多読,場づくり,年少者日本語教育,第二言語習得,海外の日本語教育

発表

  • 門井美奈子,前川紘子(2017年11月).「日本語学習者の学習継続決定の要因――地域多読活動の観察記録とインタビューより」(ポスター発表)2017年度日本語教育学会秋季大会(朱鷺メッセ).
  • 前川紘子,門井美奈子(2017年9月).「地域多読活動『Nihongo Book Salon』実践報告」(実践エキスポ)早稲田大学日本語教育学会2017年秋季大会(早稲田大学).
  • 松井一美,竹口智之,金武雅美,門井美奈子(2017年9月).「日ロ交流の今と未来に,日本語教育は何ができるのか」(ラウンドテーブルディスカッション)多文化関係学会第16回年次大会(藤女子大学).
  • 門井美奈子(2017年).「初期指導段階の外国人児童にとって意味のある教材とは」(ポスター発表)第7回年少者日本語教育フォーラム(早稲田大学).

日本語教育関係の経歴

2018年1月~現在
目黒区日本語指導員(年少者個別指導)
2016年10月~2017年10月
目黒区日本語指導員(年少者個別指導)
2014年9月~2016年6月
日露青年交流センター 日本語教師派遣事業 エカテリンブルグ派遣
2012年9月~2014年6月
国際交流基金 米国若手日本語教員(J-LEAP)派遣事業

一言ご挨拶

日研に入り,他者と話す大切さを実感しています。

「つむぐ」

つ 培ってきた経験からの教師観や学習観が,崩され,自身の思考を言葉にする

む 難しさを感じながら,

ぐ 偶然出会った仲間とともに,対話をし,自身の思考を整理する日々を過ごしています。

高久孝幸

研究テーマ

  • 教室を越えた日本語学習者の「学び」の場を考える――社会コミュニティから見えてきた学習者の「ことばの力」
  • 関心のあるトピック: 学習環境デザイン,状況的学習論(教室の外),コミュニケーション,年少者日本語教育,言語教育政策,自律的学習,形成的評価,社会文化論,ライフストーリー

研究業績

論文
  • 高久孝幸(2017).JFL環境にいる学習者の「教室外」の人との関係で育まれる学び――SENDプログラムの実践を通して『早稲田大学日本語教育学』23,177-181.
発表
  • 森田直子,中根幸子,高久孝幸(2017).「日本語教育経験者が未経験者とのチームティーチングを通して得た気づき――SENDプログラムにおける海外実践活動より」(ポスター発表)早稲田大学日本語教育学会2017年秋季大会.

日本語教育関係の経歴

2016年10月~2018月4月
目黒区日本語指導員(年少者個別指導)
2016年6月~2017年4月
JCLI日本語学校(常勤 日本語講師)
2015年6月~現在
JCLI日本語学校(非常勤 日本人講師)
2015年9月~2016年3月
東京国際大学(非常勤 日本語教師)
2013年4月~2015年5月
東アジア語学学校(タイ 常勤 日本語教師)
2010年10月~2013年4月
JCLI日本語学校(非常勤 日本人講師)
2010年10月~2012年1月
インターナショナルスクール(非常勤 日本語・国語講師)

一言ご挨拶

日研という世界に入り,自身の日本語教育の考え方の視野を日々広げています。また,今まで日本語教師として歩んできた道のりを,一歩ずつ振り返り,自身の日本語教師としての成長に繋げると共に日研で学ぶことを咀嚼しながら,自身の成長を楽しんでいる毎日です。

津崎千尋(つざき ちひろ)

研究テーマ

  • 海外の中等教育機関における日本語教育の意義
  • 関心のあるトピック: 海外の日本語教育,海外の中等教育での日本語教育,学習環境デザイン,協働学習,異文化間教育,21世紀型スキル,日本語教師の専門性

発表

  • 舘岡洋子,津崎千尋,古賀万紀子(2018年3月).「日本語教師は何をする人か――タイのフィールドでの経験を共有する」(ワークショップ)タイ国日本語教育研究会第30回年次セミナー分科会(国際交流基金バンコク日本文化センター).
  • 古屋憲章,古賀万紀子,孫雪嬌,小畑美奈恵,栗田佳奈,平山智之,平田佑和,津崎千尋,舘岡洋子(2017年12月).「日本語教師の役割とあり方をめぐる言説の変遷――日本語教師の専門性を考える」(ポスター発表)第13回協働実践研究会(早稲田大学).
  • 孫雪嬌,津崎千尋(2017年12月).「『学習者の自律性を促す』人としての日本語教師――日本語教師の専門性を考える(2)」(ポスター発表)第13回協働実践研究会(早稲田大学).

日本語教育関係の経歴

2014年9月~2015年3月
国際交流基金 日本語パートナーズ タイ中等教育機関派遣
2012年3月~2014年3月
JICA青年海外協力隊 タイ中等教育機関派遣
2008年11月2010~10月
EJ-PLUS語学院 専任講師
2007年~2008年
海外研修員受入事業 日本語研修TA

その他,日本語個人レッスン,日本語ボランティア等

一言ご挨拶

海外での日本語教育実践の中でうまれた問題意識を整理し,よりよい実践につなげていきたいと思い,日研に入学いたしました。毎日,自分の教育観・学習観・言語観をゆさぶられ,うまく自分の思いや考えを言語化できないもどかしさを感じながらも,とても充実した日々を送っています。