修士課程 35期生

2018年4月入学

カン バイ

中国湖北省出身です。高校卒業後,ほぼ日本語未習の状態で来日し,英語で授業を受けながら早稲田大学日本語教育研究センターで日本語を初級から勉強してきました。様々なテーマ科目を履修し,日本語スキルを磨いているうちに,日本語教育に興味を持ち始めました。大学4年生の時に,いくつか日本語教育に関連する授業を受け,日本語教育の深さと面白さを実感し,日本語教育の道を進むと決意しました。

日研では,大変充実した毎日を過ごしております。日研生たちと切磋琢磨しながら,自分の研究を深めていけるような刺激の溢れる環境なので,もちろん挫ける時もあるが,それを乗り越えることが自分の成長につながるので,それが日研での生活の醍醐味ではないかと考えております。

研究内容

日本経済界の急速な国際化や,日本の高齢化や少子化によって労働力不足などが原因で,留学生の採用を考え始める日本企業が増えてきた。日本企業の新卒採用において日本語能力が非常に重視されていることは確かだが,日本で就職を希望する留学生が考えている「日本語能力」と企業側が求めている「日本語能力」の間にずれが存在している。そのずれは一体どういうものなのか,そして日本語教育側はどんな支援ができるのかについて検討し,ビジネス日本語教育をよりよくするための改善策を提案していく。

曹 晨晨(ソウ シンシン)

中国の大学で日本語を専攻し,三年次に日本の大学に編入しました。当時の大学には「日本語教師養成プログラム」があり,日本語教師を目指す日本人の学生と切磋琢磨しながら,日本語教育について学んでゆくにつれ,日本語教師が幅広い知識を身に付けなければならない重大な責任を負う仕事であるとつくづく思うようになりました。それをきっかけに,日本語教育研究科に進みました。

研究内容

派生義の意味理解や使用が不十分とされる多義動詞に焦点を当て,派生義と習得難易度の関係を研究しています。

張 田園(チョウ デンエン)

中国河南省出身です。中国の大学で2年間日本語の学びを通じて日本語教育に関心を持つに至った。その後,二重学位プログラムで長崎外国語大学の3年次に編入学し,大学の日本語教員基礎資格取得講座を通じて,より一層日本語教育に魅力を感じた一方,日本語教育の専門知識と経験を身につける必要があると痛感し,日本語教育研究科に進学することにしました。

研究内容

中国語を母語とする日本語学習者が未知の日中非同形語の意味を推測する際,漢字知識と文の制約性の影響および第二言語習熟度との関係を考え,日中非同形語の学習支援の可能性を探りたいと思います。