日本語教育実践研究 (5)――講義概要・期末レポート

講義概要

「状況」のなかで言語とコミュニケーションを考える日本語教育実践

日本語教育研究センターのテーマ科目として開講される『「わたしのにほんご」プロジェクト1-2』(水曜2限)において,授業実践を行う。

『「わたしのにほんご」プロジェクト1-2』は,教室を「教室の外のコミュニケーションをメタ的にとらえ直す場」と位置づけている。学習者が「日本語で話したい/書きたいこと」「日本語で話したかった/書きたかったが,うまくいかなかった経験」などを持ち寄ることにより,自分らしいコミュニケーションを日本語で実現できるように,「文型」や「表現(機能)」から出発するのではなく,「状況」のなかで言語とコミュニケーションをとらえる教育実践を目指す。

実践研究(5)では,どうすればそのような日本語授業が実現できるか,そこで教師に求められる役割は何かといった点について,具体的な事例を踏まえながら考察を深める。その際,とくに「学習者の発言や質問の背景を考える」「学習者の発言や質問に,どう反応すればよいか」に焦点をあてる。

期末レポートより

2020年度春学期

2019年度秋学期

2019年度春学期