わにっ子クラブ 早稲田こども日本語クラブ(わにっ子クラブ)

「怪盗ハーロック」川上雄介さん(小学校3年生)

1

3994年世界一すごい怪盗が生まれた。そいつは,いつも,予告状を出しているのだが,死人を出すほど悪いやつだ。その名はハーロック,「怪盗ハーロック」だ。

ハーロックの本名は,誰も知らないがここで,教えよう。実は本名は,アールン・ウィルソン,と言う名前なのだ。

いつもハーロックを捕まえようとするがいつも逃がしてしまう警部がいる。

その名はアンデュユ警部だ。

ある日ハーロックから予告状が届いた。その予告状にはこう書いてあった。

「明日正午に一〇〇〇カラットの宝石がうめてあるサングラスを,いただく。 怪盗ハーロックより」

と,書いてあった。

アンデュユ警部は,やばいと思った感じでこう言った。

「ラ,ラッキーだな〜捕まえるチャンスだ。」

と,冷汗をかきながら大変だとでも言うようだった。

つづく(「2」へ)

「こどものおもちゃ箱」に戻る


(c) Waseda Nihongo Culb for Children. 2004-2006