41期生(2021年度4月入学)

北村 名美(きたむら なみ)

研究・関心

近年,国境を超えてあらゆるものが容易かつ頻繁に移動するグローバル化が常態とする中,日本の公立小学校・中学校でも,外国籍の子どもが増加しています。日本に来たばかりのJSLの子どもたちへの支援として,真っ先に日本語教育が思い浮かぶかもしれません。しかし,彼ら一人ひとりが持つ背景・言語状況・成長発達段階などあらゆる面を考慮し,一人の子どもとして主体性を発揮し,安心して学ぶことができるためには,どのような支援が必要なのか実践を通して究明していきたいです。

自己紹介

フェリス女学院大学 文学部 英語英米文学科卒業

主専攻として日本語教員養成講座を修了。同時に,中学校・高校教員免許(英語)を取得

アメリカのカリフォルニア大学留学時に,幼少期より複言語・複文化環境で成長した学生たちに日本語を教える活動を行いました。そこで,彼らを取り巻く複言語・複文化はアイデンティティ形成や人生にどのような影響をもたらすのか興味を持つようになっていきました。現在は,日本で生活する外国の子どもたちに目を向け,学校現場において日本の子どもたち・外国の子どもたちを含めすべての子どもたちが,自己肯定的なアイデンティティを形成し,安心して学ぶことのできる教育や環境づくりを目指すために,大学院で学んでいます。