39期生(2020年4月入学)

古谷緑(ふるや みどり)

研究テーマ

キーワード
  • 外国ルーツの子ども
  • 年少者日本語教育
  • 言語の発達

自己紹介

海外で子育てをした経験や,その後の日本語教師の経験などにより,子どもの言語の発達や年少者日本語教育に興味を持っています。近年日本にも外国ルーツの子どもが増えてきましたが,日本語の日常会話は話せても学校の授業についていけない子が多いという状況に心を痛めており,何とか力になりたいと考えています。

曹鶴婷(そう かくてい)

研究テーマ

キーワード
  • 正しい日本語

自己紹介

「正しい日本語」のある教育を受けてきた私にとって,「正しい」という基準があるから日本語能力を高められると言える。日本語教育において,「正しい日本語」に対する批判が多い。しかしながら,同じ「正しい日本語」は基準として中国教育で流行っている。この矛盾に関し,母語話者と中国人学習者に尋ねる。「正しい日本語」のメリットとデメリットを考察し,中国の日本語教育現場に還元できる「正しい日本語」を探そうと考えている。

萩原ちはる

研究テーマ

関心のあるトピック
インクルーシブ教育,学習環境デザイン,グラフィック,多文化共生,対話,ナラティヴ研究,特別支援教育,国語教育

業績

発表
  • 萩原ちはる(2020年10月).「大学生が主体的に学習しないのはなぜか――ナラティブから解き明かす講義に対する意識」質的心理学会.
発表・運営等
  • 言語文化教育研究学会交流委員会(2020年1月11日).第10回交流会『ヒューマンライブラリー:障害当事者とその当事者を取り巻く人々との語り――言語教育におけるインクルーシブ教育実現のために」.

日本語教育関係の経歴

2021年4月〜現在
言語文化教育研究学会 交流委員
2020年9月
早稲田大学日本語教育学会 運営係
2018年3月~9月
国外日本語学校 日本語教師

一言ご挨拶

「私にとっての日本語・日本語教育とはなんだろう?」と自問自答しながら,日研での日々を過ごしています。巨人の肩の上にてアイデアを生み出し,日本語教育学領域に貢献できればと思います。