お知らせ

【参加者募集:2019年9月5日@サンパウロ】
EJHIB2019『社会・人・ことばの動態性と統合』 パネルディスカッション
「複言語・複文化教育としての日本語教育に必要な地域間連携とは何か―日本,ブラジル,アメリカ,その他地域との連携を考える」

  • 日時:2019年9月5日(木)15:05~16:35
  • 会場:ジャパンハウス・サンパウロ[アクセス
  • 参加費:無料
  • パネリスト:
    • カルダー淑子(プリンストン日本語学校)
    • 野山広(国立国語研究所)
    • 丹羽義和(ブラジル日本語センター)
  • モデレーター:福島青史(早稲田大学)

詳しくは,EJHIB2019のホームページでご確認ください。

【参加者募集:9月1日@フランクフルト】講演会&フォーラム
「ルーツ言語を学ぶということ」講師:カルダー淑子,野山広,福島青史

昨今のグローバル化によって人の往来や国際結婚が急速に増加し,日本にルーツを持ちながら海外に定住する子どもの数も増加の一途をたどり,今後もさらに増えていくことが予想されます。かれらは現地のことばや学校で新たに習得する他の言語とともに,何らかの形で日本語とも接しています。子どもたちにとって,ルーツ言語の日本語を学ぶということは,どのような意味を持っているのでしょうか。

この問いをめぐり,この秋,チ―ム・もっとつなぐと日本文化普及センターは,北米と日本から日本語教育の専門家をお招きし,海外に暮らす子どもたちの「〈ルーツ言語〉としての日本語」の学びについてご講演いただき,皆様と共に語り合うフォーラムを開催いたします。

日曜日の午後のひととき,子どもたちの「こころ」と「ことば」について一緒に考え,また,ご自身のそれについても思いを巡らせてみませんか。

  • チラシ: 日時:2019年9月1日(日)13:30~17:30(受付開始13時)
  • 場所:日本文化普及センター(Japanisches Kultur - und Sprachzentrum e.V.)
  • 共催:
    • チーム・もっとつなぐ
    • 日本文化普及センター
  • 後援:国際交流基金 ケルン日本文化会館
  • 参加費:15€(当日受付にて支払い)
  • 参加申し込み:https://forms.gle/fka3m9aSAJVVAyHt9
  • お問い合せ:motto.tsunagu@gmail.com(チーム・もっとつなぐ)
  • くわしい情報:チラシをダウンロード[PDF]